読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

「褥瘡」という漢字、なんと読むでしょうか。

学生の頃、福祉について勉強していた時期がありました。 当時、周りには「向いていると思う」 「保育園の保母さんになったらいい」など 勧められることもありましたが、 結局、本格的には取り組まず、資格は取りませんでした。 (実習には参加しなかったし)…

「ビブリア古書堂の事件手帖」7巻を読みました。

「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延/著 メディアワークス文庫) 楽しみにしていた7巻を読みました! ベストセラーになった作品だしドラマ化もされましたが、 自分が読みはじめたのは、もっと遅くて、 ドラマも終わってからだったと思います。 最近流行っ…

なぜか夢に「PPAP」が出てきました……。

個人的に、ユング心理学に興味を持っていて、 少しずつですが、河合隼雄先生の本を読んでいます。 必然的に、「夢」に対して関心を持つこととなり、 毎朝、見た夢を思い出そうとしているのですが……。 これが、あまり覚えていないのですよね。 思い出せたとし…

レジで久しぶりに二千円札を見ました!

先月ちょっとだけバイトした話を書きましたが、 その時のことです。 自分はレジ担当だったのですよね。 苦手なので、本当はあまりやりたくないんですが、 (不器用で手際が悪いので……^^;) イベント会場のため、カードや商品券などは扱わなくて良くて、 そ…

「バンジーチャイム」という楽器の演奏(?)をしました。

ソラールに行った話を2回に分けて書きましたが、 その帰り際でのお話です。 2階の常設展も楽しんでから、 そろそろ帰ろうとしていたところで、 職員の方から声をかけていただきました。 「バンジーチャイム」って見たことありますか?……と。 ほかに来られ…

ソラール「宇宙科学ヒストリー」に行ってきました。(その2)

人気のなかった会場で、目の前に現れた人影。 ちょっとびっくりしたんですが、 その正体は…… マネキンでした。 こんなオチでごめんなさい!(笑) こちらは宇宙服のレプリカだそうです。 これはISS(国際宇宙ステーション)の模型ですね! ISSは夕方に…

ソラール「宇宙科学ヒストリー」に行ってきました。(その1)

防府市青少年科学館ソラールの パネル展「宇宙科学ヒストリー」に行ってきました。 ソラールは、科学に関する 色々な展示物を見たり、 面白い体験をしたりして、 楽しく学ぶことができる場所です。 私の好きな天文学系、パズル系の 企画展を開催してくれるこ…

水素水と、お仕事の話。

先週、また少しだけ、 某所のイベントでアルバイトをしていました。 苦手なレジの仕事だったので、疲れてしまいましたが。 以前、ガラポン抽選会でスタッフをした時に、 水素水を飲んでみたことがあります。 いろいろな効果が期待されるそうですが、 疲れに…

数字に色がつく、味にカタチがある……「共感覚」のふしぎ。(その3)

しつこく「共感覚」のお話です。 今回、手に取った 「カエルの声はなぜ青いのか?」という本には、 目からウロコが落ちるようなお話がたくさんありました。 読んでいる途中、少なからず感じたのは、 こうした「共感覚」を自分でも体験してみたい気持ちでした…

数字に色がつく、味にカタチがある……「共感覚」のふしぎ。(その2)

共感覚の中でも、「音に色がつく」という事例から、 真っ先に思い出したのは、 「絶対音感」(最相葉月/著 小学館/刊)という本を読んだとき、 「ドレミ……」のそれぞれの音や、音階によって、 色が見える人がいる、というお話でした。 この本は、今も手元に…

数字に色がつく、味にカタチがある……「共感覚」のふしぎ。(その1)

「カエルの声はなぜ青いのか? 共感覚が教えてくれること」 ……という本を読みました。 (ジェイミー・ウォード/著 長尾力/訳 青土社/刊) 声が「青い」だなんて、まるでポエムのようですが、 これは詩的な本ではなくて、科学的な本です。 冒頭に、カエルの鳴…

「サバイバルファミリー」を観てきました。

この映画では、 山口県でロケをおこなったシーンがあると知り、 地元民としては、観てみたくなりました。 地元がメディアに取り上げられると、 ちょっと嬉しい田舎住民のサガです(笑) 確かに……見たような景色が映ってましたが、 そんなことは置いておいて…

妹の手作りぬいぐるみに、びっくりしました。

先週○○回目の誕生日を迎えました。 すっかりおばちゃんになってしまった……。 誕生日には、東京にいる妹と、 毎年プレゼントの交換をしています。 今年送ってもらったのは、 こんなウサギさんのぬいぐるみです。 なんと手作りらしいです。 妹は手芸関係得意な…

宇宙の終わりは悲しくないかもしれない。

NHKの「モーガン・フリーマン 時空を超えて」という番組を 時々観ています。 最先端の科学の研究で、難しいことはよく分かりませんが 頭の良い方って、とんでもないこと考えるんだなーって 思いながら……(笑) 先週は「時間」がテーマでした。 時間はいつ…

「要約筆記」の思い出。(その2)

前回の記事の続きです。 要約筆記というボランティアは、 手話に比べて知名度が低く、 (特に自分が活動をはじめた十数年前は) 自分が知ったのはまったくの偶然です。 よく内容も分かってないまま 奉仕員になるための講座を受講したような……。 結局は文章の…

「要約筆記」の思い出。(その1)

以前の記事で、ちょっとだけ触れた 「要約筆記」というボランティアの思い出を書こうと思います。 聴覚障がい者のためのボランティアと言うと、 「手話」が真っ先に浮かぶ、という方が多いかもしれません。 が、聴覚障がい者と一口に言っても。 生まれてから…

バルーンアートで、テディベア。

さて、昨年12月に、某所のクリスマス会で使った バルーンアート用の風船が、まだ残っていたので また何かつくってみようと思います。 いつまでも取っておくと、 だんだんゴムが劣化してしまって、 割れやすくなっちゃいますからね。 そういえばクリスマス…

「コアラのマーチ」の保存食。

先日、棚の片隅で、 いつから置いてあるのか覚えていない カンパンを発見してしまいました……。 うぎゃーっ。 裏返して、缶の底を見てみると、 賞味期限が今年の7月になっております。 セ、セーフ?? でも、いくら保存がきくと言っても、 存在を忘れていた…

66,666語、世界最大のクロスワード!

私は、わりとパズル好きです。 我が家は毎日新聞を購読しているのですが、 日曜日に掲載されるクロスワードを解くのが習慣です。 なかなか全マスは埋まらないもの、 じわじわと解けていく感じにハマってしまいます。 難易度が絶妙なんですよね。 パズル作家…

ガラケー愛用しています。

今回は携帯電話の話です。 私は、世の中の流れにほぼ乗らない人間なので、 未だにガラケーを愛用してます……。 なぜスマホにしないかというと、 基本的に機械音痴なので、操作を新しく覚えたり 色々設定をしたりするのが負担だとか、 (パソコンも本当は苦手…

「傘みくじ」と「図書館おみくじ」

先週の13日(金)になって、 遅まきながら、懐かしの神社に初詣に行ってきました。 さすがに、ほかに参拝しているお客さんはもう、ほとんどいなかった……。 さて、初詣のお楽しみは、なんといっても「おみくじ」です。 拝んだ後に周囲を見てみると、 たくさ…

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観てきました。

やっと観てこれました! 「ハリーポッター」シリーズは毎回映画館で観てきたし、 新シリーズと聞いて、これは行かなくてはと思ってたので。 登場人物も一新して 物語の舞台も、時代がさかのぼっているようですが、 やはり、冒頭でハリーポッターのテーマが流…

宇宙の終わり方は悲しいらしいですが……(その2)

前回の記事で、現在、宇宙の終わり方として 有力になっている説は、悲しいものだと書きました。 ただ、最近の研究だと、宇宙は私たちの住んでいる宇宙だけではなくて、 たくさんの数えきれないくらいの宇宙が存在していると 考えられているとか。(「マルチ…

宇宙の終わり方は悲しいらしいですが……(その1)

一昨日のNHK総合で、 「宇宙をめぐる大冒険!」という番組があったので観てみました。 東大の物理学者、村山斉さんが 宇宙のはじまりや終わりについて、 世界各国を回りながら、色々なたとえを用いて (そして身体も張って)分かりやすく解説してくださって…

初詣と、巫女さんのアルバイトの思い出

いつも、年末年始はアルバイトの予定が入るため、 初詣は遅れがちになります。 今年もまだお参りしていません。 去年は、歩いて行ける距離の神社にお参りしましたが、 境内で宮司さんらしき方が、 「宝くじが当たらない」という話題で 盛り上がってるのが聞…

日記をつける理由。

2017年、あけましておめでとうございます\(^o^)/ 高校生の時、国語の先生が 「文章力をつけるには、日記を書くのが一番」と おっしゃっていたのを小耳にはさんで以来、 ずっと日記をつけています。 とはいえ、毎日書いているわけではなくて、 数日分ま…

手話と、英語と、バルーンアート。

以前、ボランティア活動がきっかけで知り合った、 バルーンアートをされている、ろうあ者の方がいらっしゃいました。 私自身、バルーンアートをしていたのと、 聴覚障がい者の方に関わる活動をしていたため、 少しだけ手話が使えたので…… 何度か、その方に、…

ガラポン抽選会を英語で説明できますか?(その2)

あれから、ガラポンのアルバイトが めちゃくちゃ忙しくて更新が遅くなってしまいましたが、 前回の記事の続きです。 どうやって、そのピンチを乗り切ったかというと。 そのショッピングセンター内にある 子ども向けの英語教室が、 ちょうど、ガラポン抽選会…

ガラポン抽選会を英語で説明できますか?(その1)

さて、現在、物書きとして若干引きこもりがちな私ですが、 お盆と年末年始はアルバイトに出かけます。 ほぼ毎年行っているガラポン抽選会でのお仕事です。 そんなわけで今もアルバイト期間中ですが、 以前、外国の方々が沢山、この抽選会に来られた時の 思い…

バルーンアートで枝豆……?

この前、某所のクリスマス会にて バルーンアートをした記事を書きましたが 母からも「コーラスの集まりでクリスマス会があるから 作って」と言われたので、今日も同じリースをつくりました。 もともと、ショッピングセンターで働いていた時、 サービスの一環…

ちょっぴりトラウマな校閲の話。

最近まで「校閲ガール」ってドラマが放送されていましたよね。 私は観ていないんですが……。 校閲に対する関心はありますけど、ちょっぴりトラウマもあるし。 運が良いことに、出版経験はあるのですが、 そのための校閲って厳しいんですね……。 赤ペンでいっぱ…

もう映画館でポップコーンは食べない。

今回は、映画を観に行った時の雑談です。 映画館に行かれた時って、 ドリンクやフードを注文されますか? 私はめったに注文しないんですけど、 (何か飲んで、途中でトイレに行きたくなったら困るし^^;) たまーに、お腹が空いているのに、もう上映時間だ…

やたら財布を拾った話……

もうずいぶん前の話ですが、 年末が近かったので、今頃の時期です。 なぜか、財布をやたら拾ったことがありました。 確か、1~2か月の間に、3回ほど。 そのうち2回は、 当時ショッピングセンターで働いていて、その仕事中でしたけど。 カート整理をして…

クリスマスのバルーンアート&紙芝居♪

知人のつてでたまに関わっている、 子どもたちの集まる場所で 12月のはじめにクリスマス会があり、 今年初参加してきました。 自分の出番は、紙芝居を読むのと、バルーンアートです。 どちらも久しぶりだし、あんまり自信がなかったですが、 司会をされて…

ムツゴロウって食べられるんですね……

以前、日本各地の雑学をテーマとしたゲームアプリで遊んでました。 私は地理とか、歴史などが大の苦手なので、 ちょっとくらい何か覚えられたらと……。 で、合格点までクイズに答えると、ゲーム内のキャラクターが 各地の名物料理を食べられるというルールが…

映画字幕翻訳者 戸田奈津子さんの講演会に行ってきました。

みなさんは映画館で洋画を観る時、 字幕版と吹き替え版、どちらを選びますか? 私は基本的に字幕版で鑑賞します。 たまに、気に入った映画を、字幕版・吹き替え版両方で観てみると、 翻訳が違って面白かったりします。 目で読む字幕と、耳から入る吹き替えの…

「夢」と「隠された自分」について。

他人の夢の話って、話す本人ほど周りは面白いと思わない……と よく言われますが、逆に言えば、どうして、 本人にとっては、それが興味深く、面白く感じるのでしょうね。 もしかしたら、やはりそこには、夢を見た本人にとっての 無意識の謎を解くカギが含まれ…

長門峡に、もみじ狩りに行ってきました。(その2)

長門峡のもみじは、今日、11月20日が見頃だとテレビで言ってました。 そろそろ葉が散っていってしまうようですね。 余談だけれど、昨日は用事で山口市に行っていたのですが、なぜか山口駅に 前回の記事で画像に撮った、長門峡駅の木彫りのクマさんと 同…

長門峡に、もみじ狩りに行ってきました。(その1)

山口市阿東の長門峡にもみじ狩りに行ってみました。 県立自然公園でもあり、国から名勝にも指定されていて、 もみじの名所としても有名な、渓谷の美しい場所です。 実は去年も行くには行ったのですが、 スケジュールが合わず、肝心のもみじはあまり見た記憶…

世紀のスーパームーンと、スーパーセーラームーンの話……

月と地球との距離が近づくために、満月が大きく見える 「スーパームーン」が話題になっていますが、 本日2016年11月14日は、68年ぶりの大きさの満月が見られます。 もっとも、天候的に難しそうですけど……。 でも、満月は一晩中空のどこかにあるん…

「吾輩は猫である」で笑ってしまいました……

読書の秋ですし、たまには有名な作品を読もうと思って 「吾輩は猫である」を手に取りました。 これが夏目漱石の小説家としてのデビュー作なのですね。 夏目漱石は「坊っちゃん」と「こころ」は読んだことがありますが 個人的に、「こころ」は面白くて二度読…

中垣哲也さんのオーロラ上映会に行ってきました。(その2)

昨日のオーロラ上映会の記事の続きです。 オーロラの発生する仕組みは、 太陽のエネルギーや地球の磁力の流れと関係している、 というお話もありました。 寒いところで発生するものだって、思っている人が多いそうですが、 オーロラは、富士山を30個くらい…

中垣哲也さんのオーロラ上映会に行ってきました。(その1)

宇部市の勤労青少年会館内のうべプラネタリウムで、 オーロラ上映会が開催されるというので、行ってきました。 主催は宇部天文同好会です。 自分はかなり久しぶりに行きましたが、 歴史あるプラネタリウムだそうで、 宇部出身の映画監督、庵野秀明さんが、子…

UBEビエンナーレと、さぼてんのソフトクリーム

宇部市のときわ公園の、ときわ湖水ホールで開催されている 「第27回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)応募作品展」に 行ってきました。 宇部市は、ときわ公園内はもちろん、市役所や図書館など 市内の各所に野外彫刻を点々と置いているなど、 彫刻に力を…

スケッチ&散歩♪

つい忘れてしまったり、先延ばししてしまったりして、 あいかわらず、絵の練習をする時間が取れないので、 どうしたらいいか考えてまして……。 自分はお散歩が趣味なので、 (そりゃもう、ぼーっと1時間くらい歩き続けるくらいには) じゃあ、お散歩の時にミ…

「ふしぎな無限」の話。

「数学にときめく ふしぎな無限 インターネットから飛び出した数学課外授業」 (e‐教室/編 新井紀子/監修 講談社刊) ……という本を読みました。 インターネットで、小学生から高校生の子どもたちが 無料で利用できる、学びのためのホームページから生まれた…

「ルドルフとイッパイアッテナ」と、うちの猫の話。

このブログを書きはじめるより前でしたが、 8月に「ルドルフとイッパイアッテナ」という映画を観ました。 小学生の時に好きだった児童文学なので、 すっかり懐かしくなってしまって……。 それで、先日図書館に行ったとき、 原作の本を見つけて、借りてきまし…

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」に行ってきました。(その2)

昨日の記事の続きです。 前述した通り、ほとんど余談(というか雑談)なのですが。 下関市立美術館に行くのは、久しぶりでした。 はるかな昔の記憶で、 「確か、長府駅の前の大きな道路を、右にまっすぐ歩いて行けば いくらか距離はあるけど、辿り着いたはず」…

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」に行ってきました。(その1)

下関市立美術館で開催されている、 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」という 展覧会に行ってきました。 エドワード・ゴーリーという方は 絵本作家だそうですが、私は寡聞にして知りませんでした。 でも、広告にあったイラストの、ナニか不気味で、 独特…

「クリスタルフルート」の話。

今日はうちにある、ちょっと変わった楽器の紹介をします。 先に書いておきますが、演奏はうまくできないんですけど(笑) 「クリスタルフルート」というガラスの横笛です。 以前、別の楽器を習っていた時に、先生に勧められて購入しました。 先生が吹いていた…