星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

いざという時にも便利な、猫型ランプの話。

本の出版をできた時、 東京にいる妹は、いつもお祝いを送ってくれます。 前の小説を出せた時に 彼女が送ってくれたのが、このランプでした。 「こういうの好きだと思って」と……。 確かに、猫好きの私にはたまらない可愛さです( ̄∀ ̄) 充電させて、最初に灯…

公園に出現した巨大赤バナナ。

JR宇部線の岩鼻駅そばに 「岩鼻公園」という場所があります。 桜が植えられているので 昔は毎年、友人とお花見に行っていました。 そのため、ある時懐かしくなって、 電車を途中下車して立ち寄ってみたのです。 …………と。 なんだこれっ? 広場に赤い巨大バナ…

内職になっていないビーズの話。

手芸はほとんどしませんけど、 ビーズの指輪やストラップなんか、たまに作ります。 自分がつけるためではなくて、 某所で、販売ブースの隅っこに 売り物として置いてもらっているので。 ビーズをテグスに通す時の感触がなんとなく好きなので、 たまに、ちょ…

地元の図書館の進化に思うこと。

私は、よく図書館を利用しています。 今年度がはじまったあたりから、 本の貸し借りがセルフサービス化されました。 借りたい本は、タッチパネル操作で 自分で手続きして持って帰ることになっています。 返却の時は専用の返却口に本を入れます。 便利になっ…

キュウリが黄色くなるとは知らなかった。

母はよく、お庭にキュウリを植えます。 私はキュウリがあまり好きではないのですが、 夏になって、ウチで採れたキュウリは別格。 スーパーのキュウリと比べて、 収穫したばかりのキュウリは しっかり味が感じられて美味しいです。 新鮮な野菜って味が全然違…

使わない切手の活用方法(使用済編)

使用済みの切手にも、 ボランティア団体へ寄付できるという意味で 活用方法が残っています。 自分の手元にある ボランティア団体のチラシによると、 使用済み切手は東京に集められて、 ボランティアの方たちが整理・換金して、 発展途上国の医療のために使わ…

使わない切手の活用方法(未使用編)

コレクターと言うほどではないものの、 可愛い切手が好きなので、必要以上に集めています。 その上、昔から細々と続けているボランティア活動があるので、 郵送料のためにと、ご寄付いただいたりして 余計に切手が増える一方です。嬉しいですけどね。 そこで…

ちょっぴりトラウマな校閲の話。(その3・「校閲ガール」編)

先日、新聞で校閲にまつわる記事を 読んだ話を書きましたが。 新聞を読んだのと同じ日、たまたまテレビをつけたら 「校閲ガール」のドラマの再放送をやっていて、 ほんのちょっとだけ観ました。 途中から観たので、ストーリーはよく分かりませんが 主人公が…

ちょっぴりトラウマな校閲の話。(その2・新聞編)

(一昨年ですけど、前回の記事) 新聞を読んでいる時、たまに 新聞社の校閲部による記事を発見すると なるべく目を通すようにしています。 いい勉強になりますので……。 先日、8月8日の毎日新聞では、 「準備は万端だ」という文章は 日本語として正しいかどう…

スーパーマーズと、天体観測の思い出。

昨日、暗くなってから帰宅していたら、 明るく輝く赤っぽい星を、夜空に見つけて、 「あれはスーパーマーズかな?」と足を止めました。 地球に接近して、いつもより大きく見える月を 「スーパームーン」というように、 最近では、いつもより大きく見える惑星…

筒井康隆「創作の極意と掟」を読みました。

前回、筒井康隆さんの小説を読んだ話を書きましたが、 その筒井さんが小説作法について著したのが 「創作の極意と掟」という本です。 序言の一行目には 「作家としての遺言」と書かれていました。 もちろん小説の書き方にまつわる本ですが、 基本的な小説創…

筒井康隆「霊長類南へ」を読みました。

日本のSF作家と言えば、 やはり星新一さん、筒井康隆さん、小松左京さんが 御三家ですよね。 私自身は、星新一さんや小松左京さんの小説に ハマった時期はそれぞれあったのですが、 筒井康隆さんの小説に対しては、個人的に苦手意識がありました。 子どもの…

山口市中心商店街のストリートピアノのお話。

私用のため、月に1回ほど山口市に通っています。 用事が終わった後、余った時間で、 山口駅近くの商店街をウロウロするのが常なのですが。 ある時、中市コミュニティーホールNacという建物で、 「ストリートピアノ」という貼り紙を見つけました。 ご自由に…

「万引き家族」を、観てきました。

当初、地元の映画館では上映予告が出ていなかったので。 観られないのかなぁと思っていたら、 「緊急上映」してくれて助かりました。 そんなに何度も、市外の映画館まで行けないんだい^^; でも、この映画の感想を書くのは 控えようかなとも迷ったのです。 …

「名探偵コナン ゼロの執行人」観てきました。

去年観た名探偵コナンの映画が面白かったので、 今年公開の映画も観に行こうかどうか、迷っていました。 ……迷った理由としては、前にも書いたけれど、 コナンにはブランクがあるので、 途中から登場した新キャラ、あまり知らないんですよね。 今回の映画で鍵…

薬だけに頼っちゃダメだと思う時。

うちの祖母が、 筋肉をつくるための薬を飲んでいましたが、 効かないと言って、やめてしまったようです。 でも、ただ薬を飲んだだけで あとは寝てばかりいても、 筋肉はつくれないと思うのですが……。 母がそう説得しても、分からないようで。 祖母は寝たきり…

ときわ動物園で、アルパカの毛がもらえるらしい。

たまたま宇部市の広報を見ていたら、 ときわ動物園のイベントを紹介するコーナーに 「入園者にアルパカの毛プレゼント」 という見出しがあって、思わず笑ってしまいました。 よく読んでみると、先週の土曜日に アルパカの毛がりのイベントがあったようです。…

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その4・今度こそ観覧車)

いよいよ観覧車に乗る時がやってきました。 実は、前回小倉に来た時、 観覧車が、ちょうどメンテナンスで 動いていない期間だったので。 今回はリベンジで絶対乗るぞというような気分だったのです。 点検された後だし、普通に考えて安全だと思いますけど、 …

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その3・こんぺいとうカフェ)

チャチャタウンで、なかなか観覧車に乗れず、 さ迷っているうちに発見したのは、 「こんぺいとうカフェ」というお店でした。 金平糖専門店なんて、珍しいなぁと思ったら、 「日本初」と書いてありました。 いや、「国内初」だったっけ? ……記憶が曖昧ですけ…

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その2・観覧車の話)

私がこれまで、小倉に来るたびに チャチャタウンに立ち寄っていた理由は単純明快です。 ここ、観覧車があるので。 下関にも観覧車はありますが、 チャチャタウンの場合は駅から近いのがいいです。 しかも、ここの場合、 映画の半券を見せれば、観覧車には無…

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その1・映画「君の名前で僕を呼んで」)

たまたまテレビで紹介されていたのを見たのと、 毎日新聞の日曜版の映画紹介コーナーでも講評を読んで、 是非、観てみたくなりました。 「君の名前で僕を呼んで」。 ……が、残念ながら県内では上映されていないようなので。 小倉のショッピングモール、 チャ…

お気に入りの切手の話。(おにぎり編)

以前、知人からいただいた切手のお話です。 (ボランティア活動のお礼としてもらったんですが) 畳んだ状態だと、こうなのですが…… 開くと…… おにぎり型の切手です。 楽しすぎるんですけど、このデザイン。 密かに横にいる、 タコさんウインナーがまた可愛い…

お花のジャムと、思い出の児童文学「あるジャム屋の話」

東京に住んでいる妹が、母の日に、 母宛てにプレゼントを送ってくれました。 彼女はまめに色々と祝ってくれるのです。 しかも、贈りものがとても素敵で。 キンモクセイの花びらジャムと、 桃の花びらジャムだそうです。 ジャムの中に花びらが浮かんでいて、 …

黒酢ダイエット、その後の話。

だいぶ前に、黒酢ダイエットをしている話を書きました。 毎日、黒酢を飲むと、 内臓脂肪を落としてくれるそうで。 生活習慣をなかなか改善できないので、 せめて、今できることをしようかと(^_^;) ブルーベリー黒酢がお気に入りです。 最初はいろんな味…

ディズニー映画「リメンバー・ミー」を観てきました。

しばらく映画館に行っていませんでしたが、 ここのところ、観たい映画がいくつか重なって、 急きょスケジュール調整する羽目になっております( ̄∀ ̄) その1つが、「リメンバー・ミー」でした。 でも、正直言うと、同時上映の 「アナと雪の女王 家族の思い…

「公募ガイド」を久しぶりに買いました。(その3・海野つなみさんのこと)

(その1)で、久しぶりに公募ガイドを買ったのは 海野つなみさんのインタビューが 載っていたからだと書きましたが…… 「逃げるは恥だが役に立つ」の原作の漫画を描かれた方です。 私はドラマを観ない人なのですが、 10代の頃、「なかよし」を買っていて、…

「公募ガイド」を久しぶりに買いました。(その2)

それにしても、久しぶりに 「公募ガイド」を読んで思ったのですが、 Webやメールで応募できる賞が増えたなーと。 この時代なので、当たり前なのですけど。 自分はアナログ人間なので、 ハガキで手書きしてポストに出すのも 温かみがあって好きなんですが、 ……

「公募ガイド」を久しぶりに買いました。(その1)

先日、本屋で久しぶりに 「公募ガイド」を購入してきました。(2018年5月号です) 公募ガイドというのは、 ネーミング、標語や川柳、詩、小説、イラストなど あらゆる分野での公募の情報を 1冊の中で紹介してくれる月刊誌なんですね。 10代の頃から…

ソラール「パネル展 すごいぞ!日本の科学者たち」に行ってきました。(その2)

この時のソラールの企画は、 国際的に有名な賞を受賞した科学者の研究の紹介ということで、 ノーベル賞、日本国際賞、国際生物学賞をとった方々が パネルなどで紹介されていましたが。 ……そのほか、イグノーベル賞の紹介も。 ニュースで聞いたことあります。…

ソラール「パネル展 すごいぞ!日本の科学者たち」に行ってきました。(その1)

2月ごろの話ですが、 またまた防府市青少年科学館ソラールに行ってきました。 今回の企画展は、 ノーベル賞など、国際的な賞をもらっている 日本の科学者の方々の研究を紹介するパネル展でした。 確かにね……。 ノーベル賞を受賞した科学者の名前は、 ニュー…