星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

読書

地元の図書館の進化に思うこと。

私は、よく図書館を利用しています。 今年度がはじまったあたりから、 本の貸し借りがセルフサービス化されました。 借りたい本は、タッチパネル操作で 自分で手続きして持って帰ることになっています。 返却の時は専用の返却口に本を入れます。 便利になっ…

筒井康隆「創作の極意と掟」を読みました。

前回、筒井康隆さんの小説を読んだ話を書きましたが、 その筒井さんが小説作法について著したのが 「創作の極意と掟」という本です。 序言の一行目には 「作家としての遺言」と書かれていました。 もちろん小説の書き方にまつわる本ですが、 基本的な小説創…

筒井康隆「霊長類南へ」を読みました。

日本のSF作家と言えば、 やはり星新一さん、筒井康隆さん、小松左京さんが 御三家ですよね。 私自身は、星新一さんや小松左京さんの小説に ハマった時期はそれぞれあったのですが、 筒井康隆さんの小説に対しては、個人的に苦手意識がありました。 子どもの…

お花のジャムと、思い出の児童文学「あるジャム屋の話」

東京に住んでいる妹が、母の日に、 母宛てにプレゼントを送ってくれました。 彼女はまめに色々と祝ってくれるのです。 しかも、贈りものがとても素敵で。 キンモクセイの花びらジャムと、 桃の花びらジャムだそうです。 ジャムの中に花びらが浮かんでいて、 …

健康に役立つ本の話。(その2・視力回復編)

これは以前、母が買ってきました。 目を良くするための本です。 「28のすごい写真」とありますが、 見開き2ページで掲載されている 視力回復のための、いろいろな写真を、 1日1枚、1分ずつ見て行くことになっています。 7日×4で、4週間のサイクルに…

健康に役立つ本の話。(その1・「ヨガ友」編)

さてさて。たま~には方向性を変えて。 健康のために読んでいる本について。 「ヨガ友」は、以前「世界一受けたい授業」で 紹介されたので、ご存じの方も多いですよね、きっと。 私もその番組で紹介されていたポーズを テレビの前で試してみたところ、 これ…

周南市美術博物館「武井武雄展」に行ってきました。(その2)

展覧会の会場で、目にとまった絵は、 昔、我が家にあった絵本に 載っていた作品だったのです。 それは、「木にとまりたかった木のはなし」という 黒柳徹子さんがお話の文章を書かれた絵本でした。 ……あの絵本の絵描きさんだったんだ!! と気づいた瞬間、 懐…

好きなことを仕事にするための「コツ」とは。

「ちょっと今から仕事やめてくる」 というベストセラー小説が映画化されていますね。 面白そうだし、観に行きたい気持ちはありますが、 最近忙しめなので、難しいかも。。。 で、今回ご紹介したい本は、その小説ではなく、 同じメディアワークス文庫の本です…

ロバート・F・ヤング「時をとめた少女」を読みました。

本屋で、「時をとめた少女」という小説を見かけました。 ……いや、一瞬、「時をかける少女」のパロティ??とか 思ってしまいましたが^^; でも、よく見たらハヤカワ文庫だし。 作者、ロバート・F・ヤングだし。 以前の記事にも書きましたが、ヤング好きなん…

読み継がれてほしい児童文学、「はなはなみんみ物語」

先日図書館に行った時、児童文学コーナーをウロウロしていたら (「ルドルフとイッパイアッテナ」の続編を探しているのですが、 なぜか2巻目だけが見つからないのです!) 偶然、「はなはなみんみ」シリーズを発見しました。 前にも書いたと思いますが、 私…

「ビブリア古書堂の事件手帖」7巻を読みました。

「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延/著 メディアワークス文庫) 楽しみにしていた7巻を読みました! ベストセラーになった作品だしドラマ化もされましたが、 自分が読みはじめたのは、もっと遅くて、 ドラマも終わってからだったと思います。 最近流行っ…

数字に色がつく、味にカタチがある……「共感覚」のふしぎ。(その3)

しつこく「共感覚」のお話です。 今回、手に取った 「カエルの声はなぜ青いのか?」という本には、 目からウロコが落ちるようなお話がたくさんありました。 読んでいる途中、少なからず感じたのは、 こうした「共感覚」を自分でも体験してみたい気持ちでした…

数字に色がつく、味にカタチがある……「共感覚」のふしぎ。(その2)

共感覚の中でも、「音に色がつく」という事例から、 真っ先に思い出したのは、 「絶対音感」(最相葉月/著 小学館/刊)という本を読んだとき、 「ドレミ……」のそれぞれの音や、音階によって、 色が見える人がいる、というお話でした。 この本は、今も手元に…

数字に色がつく、味にカタチがある……「共感覚」のふしぎ。(その1)

「カエルの声はなぜ青いのか? 共感覚が教えてくれること」 ……という本を読みました。 (ジェイミー・ウォード/著 長尾力/訳 青土社/刊) 声が「青い」だなんて、まるでポエムのようですが、 これは詩的な本ではなくて、科学的な本です。 冒頭に、カエルの鳴…

「吾輩は猫である」で笑ってしまいました……

読書の秋ですし、たまには有名な作品を読もうと思って 「吾輩は猫である」を手に取りました。 これが夏目漱石の小説家としてのデビュー作なのですね。 夏目漱石は「坊っちゃん」と「こころ」は読んだことがありますが 個人的に、「こころ」は面白くて二度読…

「ふしぎな無限」の話。

「数学にときめく ふしぎな無限 インターネットから飛び出した数学課外授業」 (e‐教室/編 新井紀子/監修 講談社刊) ……という本を読みました。 インターネットで、小学生から高校生の子どもたちが 無料で利用できる、学びのためのホームページから生まれた…

「ルドルフとイッパイアッテナ」と、うちの猫の話。

このブログを書きはじめるより前でしたが、 8月に「ルドルフとイッパイアッテナ」という映画を観ました。 小学生の時に好きだった児童文学なので、 すっかり懐かしくなってしまって……。 それで、先日図書館に行ったとき、 原作の本を見つけて、借りてきまし…