読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

ヌードデッサンの思い出……

相変わらず、絵の勉強は進んでないですが、

昔使っていた画材を見ていたら、

ヌードデッサンに挑戦した時のことを思い出したので

その話を書きます。

 

もう10年以上前、通信講座のスクーリングで参加しました。

 

私はあまり人体のデッサンは得意じゃありません。

その時担当されていたインストラクターさんによると、

写真を見て描くのと、実際の人体を見て描くのでは

同じ人物デッサンであっても、全然違うのだそうです。

 

モデルさんが、ぱっとポーズを決めたら、

そのまま彫像のように、微動だにしないことに感動しました。

デッサンの時間は20分間だったと思います……きつい仕事ですよね。

絵のモデルなら当たり前のことかもしれませんが、

実際に見たら、本当にプロって凄いなって。

 

その時、私の絵が一番下手だったんじゃないかと思いますが

インストラクターさんには

「デッサンは狂ってるんだけど、見た時の感動が

絵に現れていて良いと思います」と褒めていただきました。

なんか、逆より嬉しかったかもしれません。

デッサンは正確だけど、感動が現れてないと言われるよりも。

……いや、もちろんデッサンは正確なのに越したことはありませんが。

 

そのあとインストラクターさん(男性の方でした)が

「私は高校生の時にはじめてヌードデッサンを経験しました。

その年頃だし、エッチな気分になるかなと期待していたんだけど

実際の会場は緊張感がはりつめていて、

とても、そんな気分どころじゃありませんでした」と

お話されていました(笑)

 

あと「恥ずかしいからと、全部を描かない生徒さんもいて困る」とも

おっしゃってましたけど、確かに、それもありそう……。

 

とにもかくにも、貴重な体験だったと思います。

いつかまた機会があれば、ぜひまた挑戦してみたいですね。