読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

ベテルギウス、爆発してください。

天文学

オリオン座といえば、基本的に冬の星座ですが……。

先日、眠れなくて、夜1時半頃でしたか、
窓の外を見たら、東の空の低い位置にオリオン座がかかっていました。
久しぶりに見たし、自分の分かる星座の中では1番好きなので、
やたらテンションが上がりました!
おかげで余計寝られなくなったかもしれませんが。

冬の星座といっても、星空は一晩中回ってるんだから
夏だって明け方にオリオン座が見えることもありますもの。
(夜明け前に、反対の季節の星座を眺めるのは、
星好きとして、無性にぞくぞくしてしまいます)


……それにしても。
星をきれいに撮影できるような良いカメラなんて持ってないから、
画像を撮れなかったのが残念ですが、
地平線に近い位置に知っている星座があると、
でっかく見えてびっくりします。

太陽や月も地平線近くにあると大きく見えますが、
それは、大きさを比較できるもの(地上のもの)が
近くにあるために起こる目の錯覚で、
実際の大きさは空高くにある時とかわらないそうですね。


ところでオリオン座と言えば、
有名な三つ星の周りを、四つの星が長方形のように囲っていますが、
その周りの星のひとつ、ベテルギウスが、もうすぐ寿命を迎え、
超新星爆発を起こすそうです。

まあ、天文学での「もうすぐ」は
明日なのか1万年後なのか分からないって
NHKの「サイエンスZERO」で言ってましたけど……(笑)
さすが天文学、スケールが違うわ。

ベテルギウス超新星爆発が起こったら、
3か月、昼間の空でも見えるくらい、強く輝き続けるらしいです。
2~3日は夜も明るいほどの光だという話も聞きました。
本当なら、すごく観てみたい。

まあ、それから数年かけて、だんだん光が見えなくなっていくそうで、
大好きなオリオン座の形が欠けてしまうのは寂しいんですが……。
それを差し引いたとしても、
是非、自分の生きている間に起こってほしい天文ショーです。

オリオン座が見えるたびに、そんな願いをかけてしまいますが、
「星に願いを」というと、いかにもロマンチックなのに、
そのお星さまへの願い事が
「爆発してください」
というのは、少しいかがなものかと思わなくもありません。

でも、今シーズンも、夜空に三つ星を見つけるたびに、
願い続けちゃうんでしょうけど……ハイ。