読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

「ルドルフとイッパイアッテナ」と、うちの猫の話。

読書 映画鑑賞

このブログを書きはじめるより前でしたが、

8月に「ルドルフとイッパイアッテナ」という映画を観ました。

小学生の時に好きだった児童文学なので、

すっかり懐かしくなってしまって……。

 

それで、先日図書館に行ったとき、

原作の本を見つけて、借りてきました。

(「ルドルフとイッパイアッテナ」斎藤洋/作 杉浦繁茂/絵 講談社刊)

 

ひょんなことから東京に流れ着いて、

野良猫生活をすることになった、元飼い猫の黒猫のルドルフと、

文字の読み書きができるボス猫のイッパイアッテナのお話ですが、

いや~、細かい筋は忘れていましたけど、

大人になってから読んでも、じゅうぶん面白いです。

児童文学あなどれません。

 

 

ところで「イッパイアッテナ」とは変わった名前ですけど、

これは、くだんのボス猫が、ルドルフに出会った時に

「おれの名前はいっぱいあってな」と言ったのを

ルドルフがそういう名前だと勘違いしてしまったからで……。

 

確かに、猫があちこちに餌をもらいに回っていると

いろんな人から、いろんな名前をつけられちゃいますよね。

 

うちの庭にも、よく、よその猫が来ますが

そいつは丸々と太った飼い猫で。

よその家にまで餌をたかりに来る必要とか、

別にないんじゃないかと思うんですが……。

 

うちの母はそいつをボンレスハムと呼んでいます。

(確かに、体型がそんな感じ^^;)

 

本名はなんというか知りませんが、

よそでそんな名前をつけられているとは、飼い主も思わないでしょうね。

 

 

ところで、我が家にも飼い猫がいます。

ルドルフと同じく、黒猫です。

 

「ルドルフとイッパイアッテナ」を観た時、

CGで表現されているルドルフの毛並みが

うちの猫のものにそっくりな質感を出して、

最近のCG技術に「おおっ」と思いましたよ。

 

 

なんだか、猫つながりで、

すっかりとりとめのない記事になってしまいましたが、

原作が面白くて一気に読んでしまったので、

機会があったら続きのお話も読みたいなと思っているところです。