読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

長門峡に、もみじ狩りに行ってきました。(その1)

レクリエーション

山口市阿東の長門峡にもみじ狩りに行ってみました。

県立自然公園でもあり、国から名勝にも指定されていて、

もみじの名所としても有名な、渓谷の美しい場所です。

 

実は去年も行くには行ったのですが、

スケジュールが合わず、肝心のもみじはあまり見た記憶がありません。

おまけに着いた時間も遅かったので、

たいして奥までは散策できなかったという……。

 

今年は、駅の前ですでに真っ赤なもみじが迎えてくれて、

テンションが上がりました!

そして駅の木彫りのクマさん、かわいいよ!!

f:id:haruara18:20161118121103j:plain

 長門峡は、渓谷に沿った遊歩道が延々と続いていて、

歩きとおすと片道で約2時間かかるそうです。

(コースの両端を、シャトルバスが運行しているようでしたが)

そこまで歩けるかは体力的にも、時間的にも不安があったので、

今回は遊歩道の中間にある

「鈴ヶ茶屋」というお店を目指してみることに見ました。

 

遊歩道の入り口の看板には

落石注意とか、柵にもたれかからないようにとか

事故に遭わないために気をつけることが色々書かれていて

ちょっと身が引き締まります。

 

あと、県道の標識が……この道、県道293号なのか……。

f:id:haruara18:20161118121218j:plain

景色は変化に富んで美しいし、

空気は良いし、渓流のせせらぎは耳に心地いいしで、

心も軽くなり、どこまでも歩けそうな気がしました。

f:id:haruara18:20161118121440j:plain

まあ1時間くらいなら、普段から散歩でも歩くし大丈夫だろうと

のんきに出発したのですが、甘かった……!

 

進むにつれ、だんだん道が細くなり、勾配もけわしくなってきます。

f:id:haruara18:20161118121404j:plain

おまけに雨が降った翌日だったせいで、

坂道も濡れて滑りやすくなっています。

(山歩きに慣れている方は別かもしれませんが、

あまり脚に自信のない方は、雨の日はもちろん

その次の日も避けた方がよさそうです)

景観を楽しむよりも足元注意という感じになってきました。

県道293号、思ったよりもハードだぁ。

 

歩き始めは、ほかに来ていた方たちと、たびたびすれ違っていたのですが、

それも少なくなり、次第に心細くなってきてしまいました。

 

以下、(その2)に続きます。