読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

長門峡に、もみじ狩りに行ってきました。(その2)

長門峡のもみじは、今日、11月20日が見頃だとテレビで言ってました。

そろそろ葉が散っていってしまうようですね。

余談だけれど、昨日は用事で山口市に行っていたのですが、なぜか山口駅

前回の記事で画像に撮った、長門峡駅の木彫りのクマさんと

同じものが飾ってあって、ちょっとびっくり。

一瞬、マボロシを見てるのかと思った……(笑)

 

本題に戻り、前回の記事の続きです。

長門峡は美しいところですが、奥に進んでいくにつれ、

まさに山の中という感じで、歩けるかに自信がなくなりました。

「遊歩道」という語感から、のんびり歩ける道を想像してましたが

景観が抜群ということは、それだけ自然が残されてるってことだものねえ。

 

「引き返すのも勇気」という言葉が頭にちらついてきましたが、

その時、設置されていた小さな看板で、

目標にしていた鈴ヶ茶屋まで、

歩いてあと数分だと知ることができました。

 

もう一息!

 

遠くに屋根らしきものが見えてきた時は嬉しかったです。

やった、人工物がある!……みたいな。

 

お店には鮎料理など、色々なメニューがありましたが

お腹は空いていなかったので、ホットコーヒーを注文して

休憩しながら、景色を見て和みました。

f:id:haruara18:20161120132032j:plain

このコースにリベンジする時は、

もっと早い時間にきて、ここでお昼ご飯を食べたらいいなあ。

 

床に散っているもみじを発見。

お土産として、いただいて帰っちゃいましょう。

……と、ポエミィ(?)な気分でお財布に入れます。

f:id:haruara18:20161120132100j:plain

 コーヒーを飲み終えてから、今回は予定通りここで引き返すことにしました。

道に慣れてきたせいか、帰り道は行きより短く感じられました。

 

ちょっと足は痛くなったものの、

歩き終えた感想としては、かなり満足感がありましたよ。

 

帰る前、長門峡の入り口に道の駅があるので、

ちょこっとおやつを購入しました。

そして会計の時に、さっきお財布にいれたもみじが邪魔になり、

イライラして現実に引き戻されたりしながら、

長門峡の散策(というか探検っぽかったですが)は終わりました……。

 

そんなしょうもないオチですが、気分的にはリフレッシュできたので

ぜひ、また来年も歩いてみたいと思います。

f:id:haruara18:20161120132141j:plain