読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

クリスマスのバルーンアート&紙芝居♪

バルーンアート 演劇・朗読 ボランティア

知人のつてでたまに関わっている、

子どもたちの集まる場所で

12月のはじめにクリスマス会があり、

今年初参加してきました。

 

自分の出番は、紙芝居を読むのと、バルーンアートです。

どちらも久しぶりだし、あんまり自信がなかったですが、

司会をされている方(民生委員の方だったかな?)から

「○○から来た○○○ちゃんで~す」という紹介にあずかり、

ちょっとしたゲスト扱いでした(笑)

 

紙芝居は、わたりむつこさんの「どうぶつ山のクリスマス」という

可愛いお話を読みました。

小学生の時から、わたりむつこさんの児童文学、

「はなはなみんみ物語」シリーズが大好きです。

自分が、お話を書くキッカケのひとつをくれた作家さんなので、

この紙芝居を本棚で見つけた時はテンション上がりました!

 

家で練習していたので、本番では

これで読むのも終わりかぁ……と、少し寂しかったです。

でも、子どもたちが見てくれるのは嬉しく思いました。

面白かったんなら良いけどなあ。

 

バルーンアートは……ひさびさなんで、風船割るんじゃないかと思いましたが

(注・別に久しぶりとかじゃなくても割れる時は割れる)

なんとか披露してきました。

ちなみにこれは前日につくって、飾り用に持って行ったリースです。

f:id:haruara18:20161206122325j:plain

あと、クリスマスだし、

緑のバルーンを組み合わせてツリーもつくれないかと思ったけど

傾いたツリーになってしまったので止めておきました……。

 

ま、でも、若かりし頃に色々やってたのが

役に立って良かったなあと思ったクリスマス会でした。

風船余っちゃったので、また何か作って記事にアップしようと思います。

 

 

いつもは、居場所の部屋の隅で囲碁を打っている、

地域のおじいさんたちが、サンタさん役をされていました。

お菓子を配る役が終わったら、いつのまにか

サンタクロースの衣装を脱いで、また囲碁に戻っていらっしゃったのが

なんだか微笑ましかったです。

 

私もサンタさんにもらったお菓子のおかげで、

ほのぼのした気分で帰りましたよ。