読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

初詣と、巫女さんのアルバイトの思い出

いつも、年末年始はアルバイトの予定が入るため、

初詣は遅れがちになります。

今年もまだお参りしていません。

 

去年は、歩いて行ける距離の神社にお参りしましたが、

境内で宮司さんらしき方が、

「宝くじが当たらない」という話題で

盛り上がってるのが聞こえてしまい、

なんとなく「この神社にはご利益はないんじゃないだろうか」と

思ってしまいました……(笑)

 

 

それが原因というわけでもないですが、

今年はちょっと足をのばして、

違う神社に行ってみようかな、と思っています。

 

むかーし、高校生だった頃、

巫女さんのアルバイトを

させていただいたことがある神社です。

 

当時、知人がそこで同じお仕事をしていて、

一緒にどうかと誘ってもらったので。

私にとって、ほとんどはじめてのアルバイトだったし

やっぱり知人がいると心強かったですね。

 

……でも、最初よく分からなくて

お守りをいくつか間違って売ってしまったかもという

申し訳ないことを思い出してしまいました……。

ば、罰当たりすぎる!

ごめんなさい!

 

ほか、お祓いにこられた方に、

お神酒を出す仕事もあったような?

 

あと覚えていることといえば、

お昼ご飯として振る舞われたのが

カレーライスだったことかな……。

3日出勤して、3日ともカレーを食べたような。

いや、別に良いんですけど(好きだし)

巫女さんの格好してカレーを食べるシチュエーションが

なんとなく可笑しかったので……。

 

当時は高校生だったため

昼間のみのアルバイトでしたけど、

18歳以上になると、夜通しの勤務もあると聞いて

体力に自信がないため、志望しませんでした。

元日は真夜中から参拝するお客さんでごったがえすため、

すごく大変そうです……、寒いし。

(一応、足元にストーブもあった気がしますが、

巫女装束は防寒に向いてませんよね)

 

まあ、その時しかできない

貴重な体験をできてよかったのではと思います。

以上、かすかな記憶をたどったお話でした。