読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

なぜか夢に「PPAP」が出てきました……。

個人的に、ユング心理学に興味を持っていて、

少しずつですが、河合隼雄先生の本を読んでいます。

必然的に、「夢」に対して関心を持つこととなり、

毎朝、見た夢を思い出そうとしているのですが……。

これが、あまり覚えていないのですよね。

 

思い出せたとしても、意味が見出せるものばかりではないですが、

かなり、自分自身を見直すのに役立つ夢を見ることもあります。

でも、ここに私の精神分析とか書いてもしょうがないし、

他人の見た夢なんて普通は面白くないものですから、

夢ネタは書かないようにしてるんですが……。

 

 

「PPAP」をピアノで弾かなくちゃいけなくなる状況におちいり

一生懸命弾こうとしている夢を見てしまいました。

一体なぜ?(^^;)

 

そういえば昔、ブレイクしたお笑いで

ヒロシです」ってありましたよね。

あの背後でいつも流れている曲を

なぜかピアノで弾かなくちゃいけないって夢を

ずーっと前に見たこともあったので。

なんだろう、このパターン。

 

 

私は子どもの頃、ずっとピアノを習っていましたが

耳コピできるような音感なんかありませんっ!

 

はっ、もしかしたら、

音感がつかなかったというコンプレックスが

夢に出てきているのかしら?

……なんちゃって。

別に気にしているつもりはないんですが、

コンプレックスって、自覚している劣等感とは

また別のものらしいから、

絶対有り得ないとは言い切れないかもしれませんが……。

 

(なお、コンプレックスという言葉を今使われている意味で

使い始めたのもユングらしいです)

 

昨夜も河合先生の本を読んでいて、

夢の内容は、散々頭を悩ませても何もつかめないことは

よくあると書いてあったので、素人にはなおさら仕方ないでしょう。

分からない夢に無理やり意味づけしなくても。

 

ただ、「PPAP」はわりと好きですよ(笑)