読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

「ビブリア古書堂の事件手帖」7巻を読みました。

ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延/著 メディアワークス文庫

楽しみにしていた7巻を読みました!

 

ベストセラーになった作品だしドラマ化もされましたが、

自分が読みはじめたのは、もっと遅くて、

ドラマも終わってからだったと思います。

最近流行っている本をめったに読まないので(読めよ)

なかなか手が伸びなかったのですが、

ヒロインの栞子さんのような凄い「本の虫」ではなくても、

本好きにとっては、とても魅力的な作品でした。

 

もちろん物語も良いのですが、このシリーズの魅力は

本にまつわる知識にも色々触れられていることですよね……。

ささやかなことですけど、

本の背についている、しおり用の紐を

「スピン」と呼ぶことも、ビブリアを読んではじめて知りました。

 

そして、物語の中に、自分が読んだことのある作品が登場すると

ちょっと嬉しいです(笑)。

アントニイ・バージェス時計じかけのオレンジ」とか。

主人公のあまりにアレな性格と大量のルビで、

途中で投げそうになりながら、頑張って最後まで読んだんですが、

あの小説には違う結末もあったとはね……。

ほか、ロバート・F・ヤングたんぽぽ娘」とか。

……あ、私が「たんぽぽ娘」を読んだのはビブリアより後だっけ。

でも、ヤングのほかの短編集が面白かったので、

あの作者さんだ、と思っただけでも嬉しくなりました。

 

もちろん、読んでいない作品の方がずっと多いので、

もっと本を読まなくちゃな~とも思います(^^;)

 

 

7巻の裏表紙に「物語に幕引きのとき」とあったので

ついに最終巻なのか、と寂しくなってしまいましたが、

本編が完結とのことで、番外編やスピンオフとしては

まだ続くとあとがきにあり、なんだかホッとしました。

さらにアニメ映画にも実写映画にもなるって、すごいですね。

映画館で上映されたら、ぜひ観に行きたいです。