読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

バルーンアートでは猫はつくれない?

前の記事では、子どもたちに人気のバルーンアートの話を書きましたが、

赤ちゃんとか、まだしゃべれない年齢のお子さんを、

親御さんが連れて来られた場合、

当然ながらリクエストをもらうこともできないので、

なにをつくろうか迷ったりします。

 

そういう時は、私はとりあえず

「ネズミ」をあげることが多かったです。

f:id:haruara18:20170429201742j:plain

このサイズなら、小さな手でも持ちやすいかと。

しっぽのところをにぎってもいいし。

 

 

そして。前回、剣の話を書いて思い出した話ですが……。

 

ショッピングセンターで仕事していた時、

館内で、配ったバルーンがほどけてしまった子を見かけると、

できるだけ声をかけて、つくり直してあげてました。

 

で、ある時、ほどけたネズミを持っている赤ちゃんを発見して、

親御さんに声をかけて、直してあげようとしたら。

そのネズミを、赤ちゃんがなめていたみたいで、

ヨダレで、ベッタベタになっていたこともあったなあ……。

仕事だし、それでもネズミに戻してお返ししましたけども。

 

 

ちなみに、「猫」をつくってほしいと

リクエストをいただくことも時々ありますが、

猫の三角の耳は、ちょっとバルーンアートでは

表現できない気がします。

一応、自分で色々工夫してみたこともありましたが、

鋭角的な部分を出すのは難しいかも。風船だし。

 

「犬」なら、基本的な犬だけでなく、

プードルとかダックスフントとか、

いろんなバージョンができるのですが。

 

手元の教本には猫のつくり方というのもあったので、

つくってみましたが……。

f:id:haruara18:20170429201905j:plain

完璧に教本通りにできたわけではないけど、

やっぱり、コレ、猫には見えませんよね……?

子どもたちは正直ですから、

こんなの猫じゃない!と言われちゃいそう。

 

どっちかっていうと、猫っていうか、

これもネズミに見えるような……うーむ^^;