読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

スタジオジブリ・レイアウト展に行ってきました!(その1)

昨日、山口県立美術館で開催されている

スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました。

 

f:id:haruara18:20170520195848j:plain

 

ここで言うレイアウトとは、

看板に描かれているナウシカの絵もそうですが、

アニメーションの設計図のことだそうです。

それぞれのシーンで、

背景やキャラクターの位置、カメラワークなど

細かく指示が描きこまれています。

 

宮崎駿監督が直筆で描かれたものを中心に、

約1300点のレイアウトが公開されているとか。

 

 

……確かに。

実写の映画であれば、監督さんの仕事は、

全体的な演出を考えたりとか、役者さんへの演技指導とか、

なんとなく想像できる部分がありますが、

(私自身、ずっと昔にアマチュア演劇をしていたことはあるし)

アニメ映画の監督さんの場合は、

どうやって全体の演出をしているのかって

具体的には、よく分からなかったですね。

 

アニメーションでは、

キャラクターを描く人と背景を書く人が別々なので、

先に、基となるレイアウト(画面構成)を作成しておくと、

作業の効率化が図れるとのこと。

また、一人の人がレイアウトを担当することで、

作品全体に統一感も出るそうです。

 

確かに、事前の設計図なしに

複数のアニメーターさんがバラバラに描いたら、

どう考えても、あとで編集する時、

大変なことになっちゃいますよね……。

 

日本のアニメーションでは、

ジブリが設立される前の宮崎監督が

アルプスの少女ハイジ」で、画面設計を手がけたのが、

レイアウトが描かれるようになった始まりになったそうです。

 

 

次回の記事では、実際に会場を回ってみた

感想を書こうと思います。