星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

筒井康隆「創作の極意と掟」を読みました。

前回、筒井康隆さんの小説を読んだ話を書きましたが、

その筒井さんが小説作法について著したのが

「創作の極意と掟」という本です。

 

序言の一行目には

「作家としての遺言」と書かれていました。

 

もちろん小説の書き方にまつわる本ですが、

基本的な小説創作のハウツーが書かれているわけではありません。

まぁ、そんな本なら、筒井さんが書いてくれるわけはないな。

 

……感想を一言で言うと、

さすが巨匠だと頭を垂れるしかないような、そんな気がしました。

 

どこでそう感じたかと言えば、

「直接本を読んで下さい」としか言えませんけど。

まさに「極意」ですし、ここで例を挙げることは憚られます。

 

ただ、読みはじめから、目からウロコがボロボロ落ちましたし、

自分が小説創作者として、

まだまだ、ほんの入り口に立っているにすぎないのだと

思い知らされたことは確かです。

 

 

小説の書き出しのことを「濫觴(らんしょう)」と言うことすら

自分は知らなかったしな……。

(今、辞書を引いてみると、濫觴の本来の意味は、

物事の始まりという意味であるようですが)

 

 

また、小説という表現方法を選んだことの喜びも

この本にはぎゅっと込められているようで。

 

……どんなに端くれで、末端であろうとも、

私も小説を書く者として。

己の未熟さをかみしめつつも、書く喜びを忘れないで、

自分なりに、もっと書きたいものを深く追求して良いのだと、

そう背中を押してもらったような気が(勝手に)しています。

 

 

現実は、今もなかなか仕事は難航中なのですけど。

でも、書きたいこと、まだ諦めないぞっ。

 

 

ところで、筒井康隆さんは、

ライトノベルを1冊だけ書かれているようですが、

それは「涼宮ハルヒ」シリーズから影響を受けてのことだったのだと

この本を読んではじめて知りました。

 

筒井さんって、なんでも書かれてますよね……。

そういえば童話の本も昔読みました。グロかったけど。

 

……うん。グロいグロいと言いながら、

実はけっこう筒井さんのSF読んでいます、私。

やっぱり、これまで読んだことのない小説を読みたいからこそ。

面白さには勝てないのでしょうね。

筒井康隆「霊長類南へ」を読みました。

日本のSF作家と言えば、

やはり星新一さん、筒井康隆さん、小松左京さんが

御三家ですよね。

 

私自身は、星新一さんや小松左京さんの小説に

ハマった時期はそれぞれあったのですが、

筒井康隆さんの小説に対しては、個人的に苦手意識がありました。

子どもの頃、かなりグロテスクな作品を読んだのが

ちょっとトラウマ気味になっていたせいかもしれません。

 

……が、筒井さんの小説のファンである知人の意見を聞いて、

少しその意識をあらためました。

 

知人いわく、「ほかの作家は、何冊か読むと、

その人の傾向が見えて、だんだん飽きてくるが、

筒井康隆に関しては、傾向というものが見えないほど

作風が幅広い」……と。

また、とてもIQの高い方で、「あの人は天才」だと。

 

……確かに、型破りな作品を書き続けるなんて

普通の作家にできるような芸当ではないのは

じゅうぶん分かっているつもりです。

 

 

そこで知人に借りて読んだのが、

「霊長類南へ」という小説でした。

これはわりと普通のSFだから……とすすめられまして。

およそ50年前に出版された本のようです。

 

「霊長類南へ」のあらすじを簡単に述べると、

核戦争が起こり、滅んでいく人類の話です。

 

グロい場面は今でもやっぱり、

読むのに苦痛を感じましたが^^;

あまり想像しないようにして読めばいいんですけどね……。

だけど本当に核戦争が勃発したら、

「残酷なのは嫌」ではすまされません。

 

 

現実の世界で、「まだ未来があり、先の希望がある」ということが、

どれほど有難いものなのか。

この小説を読むことで、思い知らされたような気がしました。

それほど、リアリティのある緊迫感や、絶望感をおぼえたのです。

 

人類に未来がなければ、

過ちの教訓を次の世代に残すことすらできない。

そのことを教えられた小説でした。

 

ほかの人との「間」……関係性があってこその人間だから。

受けとめてくれる人々がいなければ、

人は、己の仕事をする意味さえ持つことができないのですね。

山口市中心商店街のストリートピアノのお話。

私用のため、月に1回ほど山口市に通っています。

用事が終わった後、余った時間で、

山口駅近くの商店街をウロウロするのが常なのですが。

 

ある時、中市コミュニティーホールNacという建物で、

「ストリートピアノ」という貼り紙を見つけました。

ご自由にお弾きくださいと書いてあります。

 

……思わず、吸い寄せられました。

 

開けてみると、電子ピアノのようです。

まぁ、さすがに本物のピアノは外に置けないよね……。

 

f:id:haruara18:20180706180233j:plain

昔、ずっとピアノを習ってたんです。

子どもの時は練習嫌いでしたが、

今となれば、毎日弾いていた頃が懐かしいです。

 

だから、ついピアノが置いてあると吸い寄せられる習性が……。

 

ピアノの展示即売会とか、

電器屋さんに置いてある電子ピアノも

見かけると、つい鍵盤を触ってしまうという。

電子ピアノに慣れたので、たまに本物のピアノを触ると、

音の大きさにビビったりしますが(笑)

 

 

ピアノという楽器の、デメリットの1つは

持ち運びできないことじゃないでしょうか。

 

だから、こうやって出かけた先の場所に

気軽に弾いても良いピアノが置いてあることは、

なんだか嬉しくて、ありがたいことだと思いました。

交流のために利用する人もいるでしょう、きっと。

 

……でもね。

私は、たまにしか鍵盤に触らないから、

指があまり動かないのですよね……。

 

昔はそこそこ弾けていたはずですが、

お気に入りの曲もたまに弾くと、

最後まで思い出せないという。

 

長時間、下手なピアノを弾いていたら

周囲の迷惑になるような気がして、退散しました^^;

 

家にある電子ピアノで、もうちょっとは練習してから弾こう!

 

……と思ったのですが、なかなか家でもピアノを触ることなく、

(いつでも弾ける自分のピアノは触らないのは何故……?)

それ以降、Nacの前を通る機会があっても、

ストリートピアノには近寄らず、素通りしています。

 

うん。練習嫌いは大人になった今も

変わっていませんでした(°д°)

「万引き家族」を、観てきました。

当初、地元の映画館では上映予告が出ていなかったので。

観られないのかなぁと思っていたら、

「緊急上映」してくれて助かりました。

そんなに何度も、市外の映画館まで行けないんだい^^;

 

 

でも、この映画の感想を書くのは

控えようかなとも迷ったのです。

 

「家族とは何か」問う映画だとは、

充分すぎるほど伝わって来たものの、

私などが、どんな感想を書いても、

うすっぺらい言葉にしかならないような気がして……。

 

 

彼らは確かに「犯罪」でつながった家族だったけれど。

前半の、家族の描写が本当に温かくて。

リリー・フランキー演じるお父さんが

「俺たち、普通じゃない」って言ってて、

確かにそうなんだけど。

それでもなお、「良い家族だなぁ」と思わざるを得なくて。

 

いつまでも、いつまでも

この家族の日常を観ていたいと思ってしまいました。

春も夏も秋も冬も、年末年始も

いつまでも、終わることなく。

 

破綻しないで、続いてほしかった。

 

私は涙もろいので、映画を観るとすぐに泣くのですが、

家族が引き裂かれていく後半、涙は出るものの、

それがどうして出てくる涙なのか、

よく分からなかったのです。

 

もちろん、やるせなさとか、理不尽さとか

別れの哀しみとか、そういうこともあったけれど。

もっと身体の奥の方から涙が出てくる感じで、

もっと説明できない感情であるようでした。

 

作中のワイドショーも警察もそうだけど、

社会はつまらないことしか言わないね。

きっと私だって、つまらないことしか言えない。

 

映画を観終わって席を立った時、

胸の内側に、ずっしりと重いものを

受け取ったように感じました。

 

それでも、少年には未来があるべきだし、

それでも、彼らは裁かれなくてはならなかったのだから。

 

 

……子どもたち2人が、将来大人になってから、

かつて引き裂かれた「家族」のことを思い出した時、

一体、どう振り返るのだろう。

最後に、それを気がかりに思いました。

「名探偵コナン ゼロの執行人」観てきました。

去年観た名探偵コナンの映画が面白かったので、

今年公開の映画も観に行こうかどうか、迷っていました。

 

……迷った理由としては、前にも書いたけれど、

コナンにはブランクがあるので、

途中から登場した新キャラ、あまり知らないんですよね。

 

今回の映画で鍵をにぎる「安室透」のことも知らないし。

漫画方面に詳しい友人からの情報によると、

女性ファンが多いキャラだそうですが。

 

映画を観て、「これ誰?」状態になるのもつまらないけど、

コナンの場合、単行本の冊数が多いので、

コミックスを集めてストーリーを追おうとするのも大変です。

 

……と思っていた最中、本屋で、この本を見つけました。

f:id:haruara18:20180628150816j:plain

 「名探偵コナン 安室透セレクション」

これまでの連載から、「安室透」が登場する話だけを

チョイスして載せてくれていて。

 

この本を読んだおかげで、

映画を観るための良い予習になりました(笑)

あと、ウィキペディアのコナンのキャラクターの項目も

ちょっと読んで行ったという。

こんな時には予習に熱心な私って、一体……。

 

 

……で、映画を観てみて、

敵か味方か分からない安室透と、

コナンとの距離感、なんか良いなと思いました。

 

この漫画、うまーく「おいしい」ところをついてくれる

キャラクターが登場しているように思います。

それも、この作品が長く愛される理由の1つかもしれませんが。

 

もう新キャラ分からないからって、ずっと離れていたけど、

コナンのファンに復帰して良かったなぁ(笑)

薬だけに頼っちゃダメだと思う時。

うちの祖母が、

筋肉をつくるための薬を飲んでいましたが、

効かないと言って、やめてしまったようです。

 

でも、ただ薬を飲んだだけで

あとは寝てばかりいても、

筋肉はつくれないと思うのですが……。

母がそう説得しても、分からないようで。

 

祖母は寝たきり状態ではないんです。

用事ができると、いきなり長距離を歩こうとするので、

それはそれで、心配です^^;

「歩かなきゃいけない」と祖母は言うのですが、

たまに1回や2回いっぱい歩いたからって、

急に筋肉はつかないでしょうに。

 

なお、薬の残りは、

値段が高かったからもったいないと

母が飲んでいます(笑)

 

 

とは言え、黒酢ダイエットの成果が

あれから出ていない私なので、

あまり人のことを言う資格はありません。。。

(微妙に減量はしたのですが、

それ以上の変化は今のところなくて)

 

黒酢代謝を良くしてくれると聞いたのだけど、

運動不足や食生活がさほど改善されていなければ

やっぱり……痩せないよな……。

 

 

たまたま知る機会がありましたが、

ナイシトールなどで知られる防風通聖散も、

代謝を良くしてくれる効果を持つ漢方薬で。

服用しているからと、安心して食べ過ぎてしまうと、

やっぱり痩せないらしいですね。

 

そもそも、漢方薬って、

体質などによって選ばなくてはいけないもののようです。

防風通聖散が向いているのは

体力があって、便秘気味な人らしいんですが、

……私は疲れやすくて、お腹を下しやすいから、たぶん合わないや^^;

(ほとんど便秘にならない体質なのは有難いんですけど……)

 

 

宣伝されている薬の効果だけに目を奪われがちですが、

その薬の本質が分かっていないと。

夢のような効果が得られるとは、限らないでしょうね。

ときわ動物園で、アルパカの毛がもらえるらしい。

たまたま宇部市の広報を見ていたら、

ときわ動物園のイベントを紹介するコーナーに

「入園者にアルパカの毛プレゼント」

という見出しがあって、思わず笑ってしまいました。

 

よく読んでみると、先週の土曜日に

アルパカの毛がりのイベントがあったようです。

それで、今週・来週の土日、

朝9時半から先着20組にプレゼントしてくれるとのこと。

(ただし、動物園入園料が必要)

 

 

アルパカが大好きな人には嬉しいかもしれませんね!

なかなか手に入れられるものでもないし。

 

でも、毛だけをもらって、一体どうするんだろう……。

よほど大量なら、アルパカの毛のクッションとか

何かをつくれるかもしれませんが……。

毛がりのイベントの日も含めて、

合わせて100組に配布するということは、

1組あたり、それほど沢山もらえるとも考えづらいし。

 

ほかの使い道となると、

周囲の人に「これ、アルパカの毛だよ~」と

見せびらかすぐらいしか思いつきませんでした。

話の種にはなりそうです。

 

……あぁ、それを言うならば、

ブログの画像としてアップするという使い道もありますね。

でも、そのために朝の9時半から

列に並ぶ根性は私にはないなぁ……。

 

それに、アルパカの毛は、私よりも

本当にアルパカが好きな方にもらってほしいです。

ていうか、もらいに行くわけでもないのに、

どうしてこんなにアルパカの毛について考えてるんだろう自分。

 

 

さらに広報を読んでみると、

ちょうど今日開かれたイベントもあったようです。

「突撃!ときわのサルごはん」

……糖尿病のリスザルの食事での治療の話らしいのですが、

えー、リスザルも糖尿病になるんだ……。

 

なかなかユニークなイベント開いてますね、ときわ動物園って( ̄ω ̄)

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その4・今度こそ観覧車)

いよいよ観覧車に乗る時がやってきました。

 

実は、前回小倉に来た時、

観覧車が、ちょうどメンテナンスで

動いていない期間だったので。

今回はリベンジで絶対乗るぞというような気分だったのです。

 

 

点検された後だし、普通に考えて安全だと思いますけど、

高所恐怖症はそういう理屈ではないので……。

毎回ちょっとドキドキします。

 

ゴンドラが少しずつ昇りはじめても、

「大丈夫」と自分に言い聞かせて深呼吸したら、

まぁ大丈夫なんですけど(^^;)

 

……なんでそこまでして観覧車に乗るのかって、

やっぱり、一望できる街の景色が

格別だからかな。

画像は、あいにくの天気という感じですけど。

f:id:haruara18:20180610142046j:plain

 

乗っているゴンドラが観覧車のてっぺんに到達すると、

達成感も味わえます(笑)

 

 

てっぺんを過ぎてから気づきましたが、

隣のゴンドラ、よく見ると可愛いイラストがついています。

お正月を過ぎると干支を忘れちゃいますが、

そういえば今年は戌年でしたね。

f:id:haruara18:20180610142204j:plain

 

この観覧車には、カップル向けの

ラブラブハート模様のゴンドラもあるようです。

……でも、デートで来てる人だって、

それに乗るのは(別の意味で)勇気が必要ではないだろうか( ̄∀ ̄)

 

また、全体が透明のゴンドラもあるようですが、

自分には、さすがに無理だなぁ。

(下方向はなるべく見ないようにして乗っている私)

 

 

遠くに海も見えました。

本州と九州を結ぶ関門橋も、ちらっと見えた……かな?f:id:haruara18:20180610142448j:plain

1周回って地面が近づいて来ると、

もう終わりかぁ、と少し物足りなくなりました。

 

なお、今回のように無料で乗った場合は、多分無理と思いますが、

この観覧車では、平日だと、

1回分の料金で2周乗れるサービスがあるようです。

 

2周なんて怖いし、と思っていたけれど、

乗っていたら意外と大丈夫かも。

今度、小倉に行く機会があった時、

挑戦してみようかな……。

別に高所恐怖症を克服しなきゃとか

思っているわけでもないんですけど。

 

 

ともかく、妙に観覧車に固執しているうちに、

気づいたら、1日楽しめてしまいました。

チャチャタウンに感謝して帰りました。

……さぁ、遊んだ分、仕事しなければ( ̄∀ ̄)

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その3・こんぺいとうカフェ)

チャチャタウンで、なかなか観覧車に乗れず、

さ迷っているうちに発見したのは、

「こんぺいとうカフェ」というお店でした。

 

金平糖専門店なんて、珍しいなぁと思ったら、

「日本初」と書いてありました。

いや、「国内初」だったっけ?

……記憶が曖昧ですけれど。 

 

昔の駄菓子屋さんのように、こぢんまりしたお店でしたが、

店内には、可愛くラッピングされた

色とりどりの金平糖が並べられていて……。

プレゼントやお土産にも、贈ったら喜ばれそう。

 

なんて夢のあるお店なんだろうとプチ感動しました。

あー、いいなぁ、こんなお店で働くのって楽しそう。

思わず、吸い寄せられるように近づいてしまいました。

 

 

「カフェ」というだけあって、メニューもいろいろあります。

 

私はこんぺいとうクリームソーダというのを注文してみました。

なお、メロン味とイチゴ味があるようです。

f:id:haruara18:20180606132723j:plain

見た目も可愛いですが、

ストローの先についているスプーンで、

カップの底をすくうと、

次々と違う色の金平糖が顔を出してきて、

食べている途中も楽しかったです!

 

子どもたちとか、可愛いもの好きな女性には、

たまらないのでは( ̄∀ ̄)

その両方の要素を持つ自分には、なおさらです(笑)

 

 

……と、そんなこんなしているうちに、

やっと観覧車の点検タイムが終わってくれました。

 

チャチャタウンの日記で何度も引っ張ってしまいましたが、

次回でやっと書き終わりそうです。(長ぇよ)

(その4)に続く!

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その2・観覧車の話)

私がこれまで、小倉に来るたびに

チャチャタウンに立ち寄っていた理由は単純明快です。

ここ、観覧車があるので。

f:id:haruara18:20180528112820j:plain 

下関にも観覧車はありますが、

チャチャタウンの場合は駅から近いのがいいです。

  

しかも、ここの場合、

映画の半券を見せれば、観覧車には無料で乗れるので。

今日は絶対、映画の後で……! 

と、決めていました。

 

 

……ところが、映画を観終えて外に出たら、

観覧車が運転休止になっているではありませんか。

 

今日は乗れないのかと困惑しましたけど、

よく見たら、1日に2回点検するって

お知らせが書いてありました。

 

うん。そうだね。点検は大切だよね。

先日ジェットコースターが宙づり状態で止まった事件が

ニュースで報道されていましたけれど、

万一、同じようなことが起きてもらっては困ります。

 

だって私、高所恐怖症だもん!

(なのに、どうして観覧車に固執するんだ……?)

 

 

そんなわけで、ベンチでぼーっと空を見ながら、

映画の余韻にひたりつつ、

観覧車の運転の再開を待っていたのですが。

 

点検は終わらず、どんどん時間が過ぎて行きます。

(もしかして、風が強い日だったから

大事をとっていたのかな……?)

 

 

そのうち、コーヒーを飲みたくなってきて。

茶店的なお店を探すために、

チャチャタウン内を歩いてみることにしました。

 

いつも観覧車と本屋にしか寄ったことがなくて、

どんなお店があるのか、あまり知りませんでした。

(そもそも私が小倉まで来る理由が、

大抵、本屋めぐりのためです。

地方住まいだから、大きな本屋さんが地元にないので)

 

……と。

そこで、めっちゃ可愛いお店を

発見してしまったではないですか!

 

まだ観覧車にも乗っていないのに、

(その3)に続きます。

小倉のチャチャタウンに行ってきました。(その1・映画「君の名前で僕を呼んで」)

たまたまテレビで紹介されていたのを見たのと、

毎日新聞の日曜版の映画紹介コーナーでも講評を読んで、

是非、観てみたくなりました。

君の名前で僕を呼んで」。

 

……が、残念ながら県内では上映されていないようなので。

小倉のショッピングモール、

チャチャタウン内の映画館まで足をのばしました。

 

小倉には年に1~2回ぐらい行きますし、

チャチャタウンにはいつも立ち寄りますけど、

映画館に入ったのははじめてです。

 

わーい、地元の映画館では見かけない映画

いっぱいやってるなー( ̄∀ ̄)

 

 

17歳と24歳の青年同士の恋の物語 ですが、

とても美しい映画だと思いました。

風景も人々も、感情描写も、官能的なシーンすら。

主人公エリオの抱く複雑な恋心、

その痛々しくもかけがえのない軌跡を

しっかりと最後まで見届けたくなります。

 

……が、この映画。

私が彼ら2人の恋愛以上に感動したのは、

エリオのお父さんの存在でした。

 

2人のあいだに起こったことを知っていて、

見守ってくれていたお父さんが、

最後にエリオにかけてくれた言葉に

涙がとまらなくなりました。

 

年長者が若者を諭す言葉が、

こんなに心に沁みたことはないかもしれません。

お父さん自身も言及しているように、

普通の親なら絶対に言ってくれない言葉だったもの。

 

むしろ、エリオのお父さんの言葉を聞くために、

私はこの映画を観るべきだったのかも。

変な言い方ですけど、そう思ってしまったぐらいです。

 

 

映画の美しさと感動の余韻にひたりたくて、

映画館から出た後も、

しばらくベンチでぼーっとしていました。

 

……いえ、ベンチでぼーっとしていたのには

別の現実的な理由もあったのですが。

 

(その2)に続きます。

お気に入りの切手の話。(おにぎり編)

以前、知人からいただいた切手のお話です。

(ボランティア活動のお礼としてもらったんですが)

 

畳んだ状態だと、こうなのですが……

f:id:haruara18:20180521182413j:plain

 

開くと…… 

f:id:haruara18:20180521182504j:plain

おにぎり型の切手です。

楽しすぎるんですけど、このデザイン。

密かに横にいる、

タコさんウインナーがまた可愛い。

無性にお弁当を食べたくなっちゃいます(笑)

 

切手をくれた知人からは、

「この切手を見た時、何がなんでも

あなたにあげようと思った」と言われました。

……ハイ。

私の趣味のツボをよく分かっていただいているようで( ̄∀ ̄)

 

 

こちらは天体シリーズ第1集と書いてある切手。

めっちゃキラキラしています。

星好きなので、星のデザインを見かけると、つい買ってしまいます。

星座の切手シリーズはもう終了したのでしょうか……。

f:id:haruara18:20180521182804j:plain

 

 

最近、切手がちょっと、たまりすぎてしまいました。

こうして、誰かからいただくこともあれば、

自分で集める場合もあるので。

 

たとえば、私は文房具フェチでもありますが、

可愛い文房具は、まだ買うのを我慢できるんです。

家に代替品があると思えば。

 

でも、記念切手は期間限定であることと

(今買わなければ買えなくなるし)、

「いつか使うから」という言い訳が脳内でできてしまうため、

見かけてしまうと、ほしい気持ちを抑えきれなくなるという。

 

いつか使うって言ってもなぁ。

手紙を書くことは好きでも、

さすがに最近、あまり手紙を出す機会ないんですけど。

 

衝動買いを防ぐため、

できるだけ郵便局に入らないようにしている、この頃です。。。