星空と、色えんぴつ

日々の小さな発見や、ちょっと面白いこと、楽しいこと。

アイディアが出ない時に使える方法とは……?(その3)

(その1)や(その2)の方法に比べて、

成功確率は微々たるものでしょうけど、

「夢」からヒントを得るという可能性も

あるのかもしれません。

 

科学の分野でも、

夢からインスピレーションを得て、

原子の結合について

新たな発見をした科学者もいる

……と、なにかの本で読んだことがあります。

 

それが本当かどうかは分かりませんが、

夢って多分、自分の無意識からのイメージを

ゴチャゴチャに見ているようなものだし、

無意識は見えなくても自分のものですから、

本当に夢からの発見があっても

おかしくないのではないでしょうか。

 

デフォルト・モード・ネットワークの話でも、

無意識が重要な役割を果たしていることが分かりました。

 

しかし、夢にせよ、

デフォルト・モード・ネットワークにせよ、

発見のヒントになるような知識や経験を

あらかじめインプットしていなかったら、

目の前の問題と、ヒントがうまく結びついて

アイディアが浮かび上がることもないでしょう。

 

せっかく得た知識も、忘れてしまうことが多いですが

あながち無駄ではないのかもしれません。

催眠術で忘れた記憶が引き出せるぐらいですから、

忘れるということと記憶が消えることは

違うんじゃないでしょうか。

無意識のどこかでは記憶が残っていてくれるのかも。

 

なんにせよ、頭の中の引き出しを

沢山用意しておくことは大切ですよね。

 

 

小説でも、夢をヒントにして

書かれた作品ってありますもんね。

 

私も、自分が見た夢をヒントにして

小説の企画を考えたことはあります。

 

夢を題材にして小説を書けたら、

いかにも作家っぽい感じはしますよね。

なんだか上手く行きそうな気がして、

まだ一行も書きはじめていないのに、

あとがきに「これは夢をヒントに思いついた小説です」

とか書くところまで妄想しちゃったりしますけど(爆)

 

当然、夢が題材だろうがなんだろうが、

ボツになるものはなりますね。

 

( ̄∀ ̄)

 

……アイディアの引き出しを

もっと作らなきゃなと思います。

アイディアが出ない時に使える方法とは……?(その2)

前回はデフォルト・モード・ネットワークの話を書きましたが

しかし、それでもアイディアが出ない時は出ないですよね!(爆)

 

目の前のアイディアに必要なヒントが

絶対に、都合よく自分の脳の中に眠っているとは

限らないとも思います( ̄∀ ̄;)

 

そういう時、次に必要なのは

「長い時間、問題を頭の片隅に置いておく」

ということではないでしょうか。

 

どうしても出したいアイディアがある時は

誰しも自然にその状態になると思いますが、

頭の片隅で考え続けていると、

日常生活での出来事とか、

たまたま話した誰かからの情報などが、

自分の抱えている課題と、

うまく結びつく場合があるようです。

 

 

最近知った話だと。

アンチエイジングにとても有効だと言われる

「プロテオグリカン」という成分がありますが、

サケの鼻軟骨に沢山含まれているのに

長い間、どうやって効率よく抽出すればいいのか

誰にも分からなかったそうです。

 

それで、ずっと方法を模索していた研究者の方が、

サケの鼻軟骨を酢につけた料理を食べた時に、

酢を使えば、プロテオグリカンが

うまく取り出せるって気づいたのだとか。

 

その発見のおかげで、

昔は世に出ていなかったプロテオグリカン商品が、

現在では巷に流通するようになったのだそうです。

 

 

いつもいつも、このように

ヒントが日常生活に現れてくれるわけでもないですけど、

それが真実、自分にとって大切な使命であれば、

シンクロニシティというか、セレンディピティというのか、

意味のある幸運な偶然の一つぐらい

起こってくれるのではないか……と

信じたいような気がします。

アイディアが出ない時に使える方法とは……?(その1)

さて、小説を書きはじめる時には

やはりアイディアが大切ですが、

たとえ、良いんじゃないかと思うアイディアが出ても、

ストーリーがうまく組み立てられないことがあります。

 

ストーリーづくりで行き詰まった時は、

私は、とにかく歩くことにしています。

長い散歩に出てみるか、

あるいはショッピングセンターの中を

ひたすらぐるぐる回ってみたり。

 

すると、なぜか、

思いつかなかったストーリーの続きが

浮かんでくることがあります。

 

まあ現実は、そうして出した企画も

売れそうになかったり話の長さが足りなかったり等で

ほとんどボツになりますが^^;

それはちょっと置いておいて。。。

 

これは小説に限らない話で、歩いている時には

アイディアが出やすいと聞いたことがあります。

ほか、科学的な発見などでも、よく聞くのは

「お風呂に入っている時にアイディアがひらめいた」

という体験談です。

 

これらの現象には、科学的根拠があるようです。

 

集中的に考えている時よりも、

「デフォルト・モード・ネットワーク」といって、

リラックスして、ぼーっとした時に

脳の全体に、よりアクセスがつながりやすいのだとか。

 

眠っていた記憶の引き出しの中の、

いつか得た知識や、過去の経験がつながって、

思わぬヒントが見つかることもあるのかもしれません。

 

でも、もちろん、ぼーっとしたり、

リラックスしているだけでは、

良いアイディアは出てくれませんよね。

その前に、集中的に考えるという

プロセスはやっぱり必要だと思います。

 

たとえば、人の名前を忘れてしまった時、

しばらく考えた挙句あきらめたのに、

時間が経ってから、ふっと

思い出すことってありませんか?

 

それって、表層的な思考はやめてしまっても

脳の中では記憶を探り出す動きが

たゆたい続いているということなのでしょうか?

 

ちょっと調べてみたところ、

デフォルト・モード・ネットワークは

存外多くのエネルギーを消費するために、

疲れの原因にもなっているということですが、

このような意識下のエネルギーも

せっかくですから活用しない手はありません。

 

というわけで、アイディアがなかなか出ない時には

「集中的な思考→それを忘れてリラックス」という

プロセスは、ある程度有効なのではないかと思います。

子ども向け小説の投稿をしてみて戸惑ったこと。(その2)

そう、子ども向けの小説の新人賞、

賞によっては、まず二次選考の発表だったり、

いきなり最終候補作の発表だったり

するところもあるんですね。

何故なのかは分かりませんが、

ちょっとカルチャーショックでしたっ。

 

まあ、一次選考を通過した作品の投稿者には

連絡が行っているのかもしれません。

でも一次選考を通らなかったと言っても

ダメとも限らないのが難しいところです。

 

普通の小説新人賞でもそうですけど、

子ども向けの文学賞も、

賞によって違う方向性があるそうですし、

審査する方との相性の問題もあるでしょう。

 

だから、作品の方向性とか、相性とか

グレードが合わなかったのが落選の原因なら、

ほかの賞では可能性があるかも

……と、ついつい思ってしまいます。

諦めが悪くなかったら、

たいした才能もないくせに

小説書きなんてやっておりません!( ̄∀ ̄;)

 

 

それで。

落選したことが確定した後なら、

基本的には、ほかの賞に投稿しなおしても

問題はないはずです。

 

ところが、前に投稿を検討していた新人賞では。

ホームページをよく読んでみたら、

「ほかの新人賞に応募したことがある作品は

応募できません」という旨のことが書いてあって

あっぶね。と思いました。

 

もう少しで、気づかずに

ほかでの落選作品を送ってしまうところだった( ̄∀ ̄|||)

 

公募ガイド」に投稿規定が書いてあっても

やっぱりホームページのチェックも怠らない方がいいです!

出版社によってもいろいろな考え方がありますものね。

 

 

そういうわけで、

芽が出るかどうかは分かりませんけど。

ライトノベル系の出版社では

どのみち書けない種類のお話もたくさんあるので、

いろいろな作品づくりに挑戦しつつ

気長に投稿活動をしていこうかなと

思っているこの頃です。

 

再デビューできない程度の実力であれば

どのみち小説家としては、

長くやっていけないとも言われていますが。

 

それにしても、最初にデビューできるまでは

「自分はまったく無駄な努力をしているのではないか」

という不安がずっとつきまとっていたので。

その時に比べれば、今はだいぶ気楽です( ̄ω ̄)

子ども向け小説の投稿をしてみて戸惑ったこと。(その1)

最近、児童文学に詳しい知人のすすめで、

子ども向けの小説も投稿してみています。

 

次の本が出版されるかどうか

……という以前に、

また企画が通るかどうかも分からないので、

担当さんに相談してみたところ、

投稿OKということになりました。

 

しかし、そう言ってもらったところで

脈があるのかどうかは分かりません。

 

児童文学は子どもの時から

親しんできた方だとは思いますが、

書く側として、研究してきたわけではないですし。

読者の対象年齢のことをグレードというそうですが、

このグレードがなかなか分からなかったりして。

 

たとえば「6~8歳向け」「中学年向け」と言われても

どの程度の文章を書けばいいんだっ!

……という感じです。

 

図書館でもっと絵本とか読めばいいのですが

なかなか時間が取れておらず……。

時間どろぼうに時間を取られてるのかもしれません。

(完全なる言い訳)

 

 

でも、賞によっては

「小学校高学年から大人まで」とか、

幅広い読者層に向けた作品を募集しているので、

とりあえず、そういう新人賞に

応募してはみたのです。

…………が。

 

一般文芸やライトノベルなら

まず一次選考の通過発表があって、

(賞によって何次審査まであるか違いますが)

最終選考まで順次発表されるのが普通です。

 

一次選考で落選した場合は、

小説として水準に達していないのか

賞の求める方向性と作品が合っていなかったのか

もしかして何かしらの規定違反があったのか

ケースバイケースではあるでしょうが、

逆に言えば、一次選考だけでも通れば

落選しても、次の年にも

また投稿してみようかなとは思えます。

 

ライトノベルだと、一次選考だけでも通過すれば

出版社から評価シートを送ってくれる場合もあります。

これだと、どこが悪かったのか把握できますし

延々と脈のない作品を投稿し続けてしまうとか、

そういう困った事態は防げますよね。

 

……ところが、子ども向けの新人賞だと、

少し勝手が違うようです。

 

(その2)につづーく!

コロナ禍でのコーラス活動は大変らしい。

身近に、趣味でコーラスを

やっている人がいるのですが、

コロナ禍での活動は大変そうです。

 

合唱連盟から、コロナ予防策についての

マニュアルが送られてきたそうで、

飛沫を飛ばさないよう

マスクの着用が推奨されているとのこと。

 

でも、マスクをつけて歌うと

鼻がこすれて痛いのだとか^^;

 

う、うーむ……。

私もコーラスをちょっとだけ

かじったことがあるので思いますけど、

歌う時に口をはっきり動かすよう指導されたので

(指導する先生によっても

考え方の違いがあるかもしれませんが)

口を動かせば動かすほど、

自然にマスクもズレていくんじゃないかと。

 

 

もしもフェイスシールド着用だったら

鼻が痛くなる心配はないでしょうけど。

テレビで、どこかの学校の音楽の授業で

フェイスシールドをつけた子どもたちが

歌っている様子を見たことがあります。

 

しかしフェイスシールドだと

構造上、声が下に向かっちゃうそうなんですよね。

コーラス的には、それもマイナスポイントかも……。

 

とは言え、世界中が大変な状況ですから

仕方ない話でもありますよね。

 

その人から聞いたのですが、海外の合唱団で、

130人の団員のうち、

約100人がコロナに感染してしまい、

うち4人が亡くなるという

恐ろしい出来事があったそうです。

 

確かに、対策なしにみんなで一緒に歌ったら

飛沫は大いに飛散してしまうでしょう。。。

コーラスをされている皆さまは

対策が大変でしょうが、ぜひお気をつけください!

 

 

なお、私の今の趣味は1人カラオケなので

歌う時の飛沫の心配はしなくても大丈夫ですね。

それはそれで、ちょっと寂しい気が

しなくもありませんけど( ̄∀ ̄)

ミヒャエル・エンデ「モモ」を久しぶりに読みました。

時間に追われてしまっているこの頃ですが、

そういえば、しばらく前の外出自粛中、

久しぶりにミヒャエル・エンデ

「モモ」を読み返しましたっけ。

f:id:haruara18:20200707211929j:plain

この児童文学も、小学生の頃から大好きでした。

 

 

人の話を聞くことがすばらしく上手な、

モモという少女が主人公です。

 

浮浪児だったモモは、

ある大都会のはずれに残されていた

円形劇場跡に住みつき、                                                           

やさしい町の人たちと仲良くなります。

 

……そこに現れたのは、

人間をだまして、時間を奪ってしまう

時間どろぼうの灰色ずくめの男たち。

 

その灰色の男たちによって、

町の人たちは、余裕がなく心の貧しい

せかせかとした毎日を送るようになります。

対抗しようとしたモモの大勢の友だちも、

しだいに別人のように変えられてしまいます。

 

そこで、灰色の男たちに、

ぬすまれた時間を取り返すために

モモの不思議な冒険がはじまるのですが、

 

寓意に満ちた物語だけではなく

物語のキーになる「時間の花」の

咲く様子がとにかく美しかったり、

灰色の男の、最後の言葉とか

心に響くシーンが多いです。

 

子どもだけじゃなくて大人にも

ぜひ読んでくださいっておススメしたい。

本を読む時間がなかなかないのも事実ですけど、

「時間がない」なんて言っていたら

自分の生活に、時間どろぼうの侵入を

許してしまうかもしれませんから!

 

 

それにしても、本当の意味で

ちゃんと人の話を聞くことって、

なかなかできることじゃないですよね。

つい自分の言いたいことばかり考えてしまったり、

相手の言っていることに無意識にフィルターかけて

思い込みで聞いてしまったりしますから。

 

そういえば、有名なカウンセラーの内田良子さんも

相談室に「モモの部屋」っていう

名前をつけていらっしゃいましたっけ。

「モモ」に共感をおぼえる方、多いようです。

 

 

忙しい毎日が続いていても、

大切なことを忘れ切ってしまわないように

時には、後ろを振り向くこともしなくちゃなと思いました。

これからの日食についての夢。

先日、無事に部分日食見えました~!

日食の日に晴れることって、現実にあるんですね!

……と血迷ったことを思ってしまうぐらいの

これまでの運の悪さでしたが、

めでたく「日食限定雨女」を卒業します( ̄∀ ̄)

 

日食グラス越しに太陽が欠けはじめたのを確認できた時、

貴重な瞬間に、掛け値なしに感動しました。

太陽の前に影をつくっているのが月だって思うだけで

天文好きにはたまらないです。

 

いっそ日食グラスを外して

本当に太陽のかたちが欠けているか見たいって

何度思ってしまったことか。

もちろん絶対にやってはいけません。

なんのために日食グラスがあるんだって話です。

 

 

さて、「日食の日はいつも悪天候」という

負のジンクスが破れたところで、

気になるのは次の日食ですが、

次回は10年後だとニュースで聞いてびっくり。

 

なんでも、3年後の2023年4月にも

日本で起きるには起きるのですが、

九州の南の方など、一部でしか見られないそうです。

 

うーむ。

一部地域で観測できるぐらいの日食であれば、

おそらく、見えたとしても

あまり大きくは欠けないでしょうね。

 

次に日本全国で日食を見られるのは、

2030年6月1日だそうです。

本当に今回の日食の日が

梅雨シーズンにも拘わらず晴れてくれて、

良かったと思いました!

今回も見られなくて次は10年後と言われたら

ガチでショックだったと思います。

 

なお、その10年後の日食の時、

北海道では金環日食を見られるという情報もあります。

 

1番見たいのはやっぱり皆既日食ですけど、

金環日食でもいいから、死ぬ前に1度は見たいなぁ。

10年後、家や仕事の事情が許せば

行ってみたいな北海道……。

 

飛行機が大の苦手なのに行けるかどうかも謎ですが。

まぁ陸路でも行けなくはないですけど、

山口からだと本州を端から端まで通らねばなりませんね。

楽しそうですけど、私は新幹線でも酔うので、

道中はちょっと心配です。

 

それでも、将来に楽しみがあるのは良いことです。

もし、もしも10年後もこのブログが続いていたら

ぜひ北海道旅行の記事を書きたいなあ。

 

……ま、やっぱり、日食はその時のお天気によるという

事実にも変わりはありませんけど^^;

梅雨ですが、もうすぐ部分日食が見れる……かも。

ブログをしばらく更新できなかった間に

世の中は梅雨入りしてしまいました。

 

ところで山口県は本州の西端で

中国地方に含まれるはずなのですが。

ほかの中国地方の4県、

広島、島根、鳥取、岡山が梅雨入りした日、

山口はまだ梅雨入りしていませんでした。

 

山口県って気象観測の管轄では

北九州に入るらしいんですよね。

ここは本州のはずなのに?……と

今まで疑問に思ってきましたが、

山口県の気象が、中国地方よりも

北九州に近いからだと最近テレビで聞きました。

 

多分、下関あたりの方なら

北九州とセットにされても違和感ないと思いますが

広島に近い岩国あたりの方は

(中国地方が梅雨入りした日も

やっぱり雨が降っていたらしいし)

いささか解せない気分かもしれませんね。

 

 

……さて、この梅雨シーズンのただなか、

次の日曜日、6月21日に部分日食が起こるそうです。

 

地方によって時間や欠ける範囲は異なりますが、

宇部では16時1分から18時10分まで、

最大では60%も太陽が欠けて見えるそうで。

台湾では金環日食が見られるらしいです。

 

私、このブログをはじめた頃から

何度もしつこく愚痴ってきた通り、

日食を見ようと思った時はいつも雨か曇りで

未だに実際に見られたことがありません。

もうね、呪われているんじゃないかと思ってました(笑)

 

今回も、梅雨シーズンだし

「どーせ雨なんでしょ」と諦めかけていました。

期待が外れた時に備えようとする自己防御の心理です( ̄∀ ̄)

 

……が、宇部天文同好会が発信されているお知らせメールで

当日の天気予報は「晴れ」という情報を見て

一気にテンションが上がりました!

 

週間予報は天気の移り変わりが

ズレることもありますし、

まだ曇る可能性もあると思うんですが、

今度こそ見られるかも……!

太陽に雲がかかったとしても、2時間以上の日食なら、

途中で晴れるチャンスもありそうです。

 

うわあ日曜日楽しみです!!

ずっと死蔵していた日食グラスがついに役に立つかも。

……これで、もし見られなかったとしたら、

また愚痴っちゃいますけど、すみません( ̄∀ ̄;)

ホットケーキに豆乳を入れてみたら?

山口県は、緊急事態宣言は

ひとまず解除されましたが

どこまでなら以前のように動いていいのか

悩んでしまうこの頃です。

 

まあ、それが新しい日常を構築するっていう

ことかもしれませんが。

 

友人の運営しているカフェがあって

営業を再開されたそうなので、

応援のためにも遊びに行きたいのは

やまやまなんですけど、遠いし……^^;

 

 

外出自粛中には、もちろん

外で食べることもなかったし

お買い物の回数を減らしていたこともあり

久しぶりに家でホットケーキを作りました。

 

ホットケーキミックスで作るので

たいした手間ではないけど

普段は滅多に作りません。

 

十代の頃はたま~に

ケーキを焼いたりしてたんですけどね。

お菓子作りの道具だけは

戸棚で眠ってるんですけどね……。

 

こんな自分なので

見た目は上手に焼けなかったし

画像は撮りませんでした( ̄∀ ̄)笑

 

まあ見た目は悪くても

味は家族には好評でした。

牛乳じゃなくて豆乳入れたんですよね。

 

うちの母は、この頃ずっと

健康のために豆乳を買っています。

だから牛乳が冷蔵庫になかっただけなんですけど。

 

豆乳入りのホットケーキは

いつもと少し違う甘さを感じました。

私はメープルシロップをかけなくても

普通に食べられた感じです。

 

 

ホットケーキは冷凍できるので

作っておけば朝食やおやつで

好きな時に食べられて便利だったり。

 

私のような大雑把で不器用な人間が作ると

大きさが不ぞろいになるので

大きかったら食事用で

小さかったら、おやつ用で(笑)

 

まったくね。

カフェで毎日お菓子を作り続けている

友人の爪の垢を煎じて飲まないとですね( ̄∀ ̄;)

アボカドの種を台所で育ててみたら。。。

我が家ではアボカドをたまに食べます。

サーモンの刺身と一緒に

わさび・醤油で食べることが多いかな。

 

食べた後のアボカドの種を

母が水の入った瓶に漬けておいたところ、

芽が出てきて、こんなに伸びました! 

f:id:haruara18:20200503153637j:plain

アボカドの種を植えたら

10年経ったら実をつけたという話を

母がどこかで聞いたらしいです。

……本当だろうか、それは^^;

実をつけたとしても食べられるの?

 

仮に大きく育てるとしたら

庭に植え替えなければなりません。

 

そうすると1つ問題があります。

家の事情で、いずれは今の場所から

引っ越すことになりそうです。

(とは言っても市内での引っ越しですけど)

 

母は本格的に庭に植えるかどうか

まだ迷っているようです。

 

でも、台所に置いておくミニ観葉植物でも

良いのではないでしょうか。

ただ水に漬けているだけで、

手間がかかっているわけではないですし、

どのみち捨ててしまう部分ですもんね。

 

 

この前は、母は大根から伸びた葉も

同じように台所で育ててました。

それも画像に撮ろうかと思っていたら

「花が咲くかと思ったら咲かなかった」

という理由で、気がついたら捨てられていましたが(笑)

 

それにしても植物の生命力はすごいものです。

 

 

余談ですが、私は名前を間違えて覚えていて

最近まで「アボガド」だと思いこんでいたのは内緒です。

「゛」がひとつ多かったぜ!

顔にできる謎のぶつぶつの正体は。。。

昔、アマチュア劇団に所属していた頃のことです。

話は演劇とまったく関係ありません。

 

ある時、雑談していた劇団員のみなさんが、

ニキビができたという話をしていたら、

その場にいた男性がこう断言されたのです。

 

「ニキビというのは若い子にできるもので、

二十歳を過ぎてから顔にできるのは

ぶつぶつっていうんよ」(笑)

 

それを聞いた若かりし頃の私は、

「大人になってから顔にできるのは

ニキビじゃなくて、ぶつぶつなんだ」

と極めて素直に思いこみました( ̄∀ ̄;)

 

……だから、テレビに出た時のブログ記事で

顔に「謎のぶつぶつができる」と書いたのは、

「大人はニキビという言葉を使ってはいけない」

という謎の刷り込みがあったせいです。

まあ、吹き出物とも言いますが。

 

 

だけど最近ネットで見たのですが

「大人ニキビ」っていうのもあったんですね……。

 

大人ニキビと思春期ニキビは性質が違うそうです。

大人ニキビはストレスや乾燥や

生理周期が原因になったりするんですって。

 

……という情報を見た後、

本当に生理前にぶつぶつができてしまいました。

「もしや大人ニキビかっ?」と

情報通りのことが起きて

一瞬だけ嬉しくなってしまいましたが、

喜ぶようなことではありませんでしたハイ。

 

 

 

ぶつぶつでもう一つ思い出しましたが

口内炎もつらいですよね。

 

この前口内炎ができた時は、

場所が悪くて、食事中にうっかり

口内炎を何度も噛んでしまい、

えらく痛い上になかなか治らなくて

つらかったです(;ω;)

 

大人ニキビはともかく、

口内炎はたぶん栄養バランスが

偏っているせいだと思うので、

「健康に気をつけてくれ」という

身体からのサインなんでしょうけどね。。。